2010年06月14日

遠視のレーシック治療

遠視のレーシック治療

視力が低下すると、何でもレーシックで矯正できるかというと、遠視の場合はレーシックにより治療することは出来ません。

遠視とはピントを合わせるために厚さが変わる水晶体が柔軟性を失ってしまい、硬くなってしまう老化現象が問題のため、レーシックにより角膜の屈折方向を変えても意味がないのです。
 

じゃ、どうすれば遠視が良くなるの?
タグ:遠視治療
posted by 遠視矯正 at 00:02| Comment(10) | 遠視とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

遠視とは

遠視は、近視とは反対に網膜の後ろで光の焦点が結ばれてしまうので、ピントが合わず、
近くのものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。



原始の人間はみな遠視であったといわれ、今日でも大草原や大海原を背に昔ながらの
生活をつづける一部の部族にもこの影響は残っていますが、現代社会において遠視に
なるという環境は珍しいため、遠視の人の大部分は遺伝が影響していると考えられます。


遠視の特徴は遠くは良く見えるのけれど、近くがよく見えないというものです。


遠視の場合、視力検査などでは、いい視力として結果が出ることも多く、遠視に気づき
にくいことがあげられますが、近くが見えない分眼精疲労が酷いということがあります。
タグ:遠視 矯正
posted by 遠視矯正 at 23:44| Comment(0) | 遠視とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。